« 突然ワックス掛け | トップページ | 日吉ミミ »

2015年12月13日 (日)

30年ぶり

今日は友人と男鹿市民吹奏楽団の定期演奏会を聴きに行ってきた。

151213_133301_2


プログラムのメンバー紹介の欄で、
パーカッション(主にドラム担当)の名前に、
かつて私が高校生だった頃、近隣の高校でパーカッションをやっていた人の名前を発見。
でも30年前だから風貌も少し変わってて(お互いさまだけど)、
最初同姓同名の別人かと思ったけど、
当時の仲間にメールで確認すると本人とのこと。

とはいえ、名前を知ってるだけで、
実際にはそんなに面識はなかったけど、
30年経っても音楽を楽しんでる姿を拝見して、
なんだか懐かしいとともに、ずっと音楽続けてることが素敵だなと思った。

他校のうえ、全然彼のほうが私よりレベルは上だから、
当時は恥ずかしくて近寄るのに躊躇してたけど、
今ならいろいろ話が出来そう。
15分くらい(笑)。
その前に、私のこと覚えてないかも。

それはそうと、
「あなたも指揮者に挑戦」みたいなコーナーがあって、
セーラー服を着た女性の人が自ら手を挙げて指揮棒を振ったのだけど、
どうみてもウィッグをつけた女装家。
司会を担当したABSの賀内アナウンサーもどう絡んでいいのか恐ろしくなったのか、
いじらず仕舞い。
そのせいもあって、一瞬ビミョーな空気に包まれた会場でした。
賀内アナのせいではないのだけど(笑)。


秋田県 ブログランキングへ

« 突然ワックス掛け | トップページ | 日吉ミミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶり:

« 突然ワックス掛け | トップページ | 日吉ミミ »