« 気づいてしまった | トップページ | CHAGE »

2014年5月16日 (金)

床屋さん

床屋さんに行ったら、隣のイスに赤ちゃんがいて、連れてきた近所のお婆さんらしき人と年配の店員が、赤ちゃんと戯れ大きな声を出している。うるさいな~、タイミング悪いな~、そんなんだったら別の部屋でやれよ・・・・なんてこと思ってた。

赤ちゃんはたいてい可愛いけど、私の場合ひねくれてるので、赤ちゃんの60年後とか想像してしまい、「どうせみんなジイさんバアさんになるんだから、可愛いなんて言ったら損しちゃう」とさえ思ってしまう。現に、私の甥っ子だって赤ちゃんのときものすごく可愛くて、毎日会いたいくらいだったけど、大きくなるにつれて顔が長くなって、貧相な感じになった。あの「可愛い」と思った感情、時間を返してくれ(笑)。

それはそうと、うるさいのを10分くらい我慢してたら、赤ちゃんの散髪に来たのだとわかった。それなら仕方ないと思ったけど、バリカンのウィーーンという音に反応して赤ちゃんが泣き喚き、ますますうるさい状況に。まぁ、そういった場面には今後滅多に遭遇するとは思わないが、床屋さんには(クイックカット店を除く)癒しを求めている私にとってはガックリな時間だった。

« 気づいてしまった | トップページ | CHAGE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床屋さん:

« 気づいてしまった | トップページ | CHAGE »